若者の“サステナブル疲れ”

たわたに実った「くるみの実」
huluta
huluta

おはようございますハルタです。

若者の“サステナブル疲れ”

最近急速にアチコチで、SDGsやエシカル、サスティナブルという文字を目にすることが多くなりましたが、こんな弊害も出ているそうです。

指定されたページは存在しません|dメニュー

温暖化対策を経済成長の機会と捉え、SDGsの取り組みを推し進める政府。それに反応するように、企業も次々とサステナブルを意識した商品づくりや取り組みを打ち出すなど、持続可能な社会を目指した動きが加速している。

一方で、より長く地球と向き合っていくZ世代は、大人たちが掲げる「サステナブル」に対して違和感を覚えることもあるようだ。

「いろんなところで『サステナブル』『サステナブル』とキーワードが聞かれることに対して、少し疲弊感を感じているということを『サステナブル疲れ』と呼んでいる」

https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/abematimes/nation/abematimes-8671075

元の動画は、コチラで見ることができます。

ちなみにZ世代については、コチラに詳しく書かれています。

Z世代とは?語源、定義、ミレニアル世代・Y世代・α世代との違い
Z世代とは、日本では1990年後半頃から2012年頃に生まれた世代を指します。Z世代は、デジタルネイティブであり、SNSネイティブ、さらにスマホネイティブでもあるといった特徴を持っています。 同じ日本でも、生まれた時代によって人が成長する環境は大きく異なり、それぞれの人格形成や趣味趣向、考え方に影響を及ぼします。 今回

つい先日もこんなニュースもやっていました→「Z世代を狙え!百貨店の挑戦」

まー、企業も利益を上げないとやっていけないワケで…ご苦労が偲ばれます。

一方、最近「○○ウォッシング」という言葉もよく見かけるようになりました。この言葉については、また今度詳しく書こうと思っています。(ご興味のある方は、検索してみてください)

その場しのぎの小手先の「サスティナブル」やら何やらには騙されないようにしたいと思います。

huluta
huluta

本質をわかっていないのに、安易に「ヴィーガン」という言葉を使う企業や個人も増えてますね。認知が広まるのは喜ばしいけれど、お金儲けやマウンティングの材料のみに利用されるのはイヤだなー。

今日のおしらせ

今日のマフィン

  • 米粉/バナナ
  • 米粉/くるみ
  • カカオ・コーヒー(神奈川・ビーンズマートオイコスさん)
  • 【季節限定】レモン(農薬不使用/愛媛・みずたま農園さん)
  • 【季節限定】シナモン・ズッキーニ←NEW!

今日のスコーン

  • にんじん(農薬不使用/北海道産)

今日のラスク

  • 気まぐれラスク

今日のひとこと

huluta
huluta

昨日は突然の土砂降りでビックリしましたね。札幌では珍しいかも。今日は大丈夫かな?

huluta
huluta

それでは本日もみなさまのご来店お待ちしております!

ハルタ huluta
札幌市中央区大通西23-2-25 ラ・メール円山公園
◆OPEN 10:00-17:00(売切次第閉店)
◆定休日 火・水(不定休あり)