パラスイミングの一ノ瀬メイさん♪

パラリンピック終了。

オリンピックに続いて、パラリンピックも終了しましたね。

菅さん、パラリンピック中じゃなくて、今日辞任発表すればよかったのに…(←今週2回目😓)

それはさておき、以前ご紹介したパラスイミングの一ノ瀬メイさんの記事がとてもよかったのでご紹介したいと思います。

「人は自分を理解した深さまでしか、相手を理解できない」──水泳パラリンピアンの一ノ瀬メイが語った真の豊かさ。
スポーツの一線で活躍するアスリートの姿は、次世代を担う子どもたちに夢や希望を与え、誰もが自分の強みを生かすことのできる社会を創造する大きなドライブとなる。2016年のリオパラリンピック水泳競技に日本代表として出場した一ノ瀬メイは、「みんなが住みやすい社会を目指すために、パラアスリートとして今後も発信を続けていく」と力強

──上を目指すことが至上命題であるアスリートとして、一ノ瀬さんはどうやって「足るを知る」ことに向き合っているのでしょうか。

まずは、自分を知って、今自分が持っているものに感謝するようにしています。実は、リオ大会に出たとき、念願のパラリンピックに出場したのに、私には達成感というものが1ミリも感じられませんでした。それよりも「決勝に残れなかった」「人から期待されていたパフォーマンスができなかった」と、自分が手に入れられなかったものばかりに気を取られていました。

日本に帰国した後、父にその話をしたら、「メイ、それはエンドレスだよ。決勝に残れなかった選手は、『決勝に残れなかった』と思うし、決勝に残った選手は『メダルが欲しかった』と思うだろう。銅メダルの選手は『銀メダルが欲しかった』と思うし、銀メダルの選手は『金メダルが欲しかった』と思う。金メダルを取った選手は、『1個じゃなくて2個欲しい』と思うはず。どこまでも、終わりはないんだよ」と言われて。

それを聞いて、自分にないものばかりに目を向けるのではなく、いまあるものに感謝しようとマインドチェンジすることができました。以来、「メダルは取れなくても、10年かけてパラリンピックに出る夢を叶えたこと自体がすごいし、いろんな方からサポートをいただける時点で幸せなんだ」と素直に思えるようになりました。

https://www.vogue.co.jp/change/article/mei-ichinose-swimming-paralympian

前に書いたブログです。メイさん、ヴィーガンなんですよ🥰

メイさん、今回の東京パラリンピックでは補欠2番になってしまったそうで、出場できませんでした。残念…😢

でも次に向けてがんばって欲しいデス。こんな貴重なアスリート他にいないと思うから…ガンバレ🤗

今日の写真は、メイさんのインスタからお借りしました。オーストラリアのお店だそうです。おいしそう😋

今日のおしらせ

今日のマフィン

  • 米粉/バナナ
  • 米粉/きなこ
  • カカオ・コーヒー(神奈川・ビーンズマートオイコスさん)
  • 【季節限定】シナモン・ズッキーニ←NEW!

今日のスコーン

  • 【季節限定】レモン(農薬不使用/愛媛・みずたま農園さん)

今日のラスク

  • 気まぐれラスク

今日のひとこと

huluta
huluta

今日で「北海道胆振東部地震」から3年ですね。

huluta
huluta

それでは本日もみなさまのご来店お待ちしております!

ハルタ huluta
札幌市中央区大通西23-2-25 ラ・メール円山公園
◆OPEN 10:00-17:00(売切次第閉店)
◆定休日 火・水(不定休あり)