キビタキは「ナルシスト」?

huluta
huluta

おはようございますハルタです。

キビタキに会いました。

キビタキ

ただいま鳥さんたちは「子育てシーズン」真っ盛り。カラスもあちこちで「カーカー」と威嚇してきます。頭つつかれないようにしないと…😓

そんな今日この頃、先日森の中を散歩中にどこからともなくキレイなさえずりが…😀結構長い間鳴いていたので、声の主を探してみると「キビタキのオス」がいました。

huluta
huluta

胸元のオレンジ色がとてもキレイ✨

遠かったし、ちょっと暗かったので、あまり鮮明な写真は撮れなかったのがちょっと残念。でもキレイなさえずりは、ここが大都会札幌だと言うことをしばし忘れさせてくれました✨

鳴き声はこちらで聞けます。実際に自然の中で聞く方が、もっともーっといい声ですよ。

キビタキ|日本の鳥百科|サントリーの愛鳥活動
「日本の鳥百科」キビタキの紹介です(鳴き声あり)。オスはカラフルですが、メスは地味な暗緑色をしています。夏鳥としてほぼ全国で繁殖しています。木の穴、建物のすき間などに巣を造ります。

さらにこんな記事もみつけました。

『キビタキ』の英名は「Narcissus Flycatcher(ナルキッソス・フライキャッチャー)」。「フライキャッチャー」は、先にご紹介したとおり、飛びながらハエのような小さな昆虫を捕食することからつけられています。一方の「ナルキッソス」とは、古代ギリシャ神話の中で、水面に映る自分の美貌に魅せられそのまま一輪の花(水仙)になってしまった、という伝説の美少年の名前に由来します。欧米では、水仙のことを「ナルシス」と呼び、「ナルシスト」の語源とされています。もしかすると『キビタキ』も自分の美しい姿を水面に映してうっとり眺めているかもしれませんね。

http://natureland-nose.com/bird/news_bird/3155/

うーん、確かに。この容姿と鳴き声ならナルシストになってもおかしくないかも…みなさんも、キビタキ探してみてくださいね。意外と身近にいますよ♪

今日のおしらせ

今日のマフィン

  • 米粉/バナナNEW!
  • 米粉/きなこNEW!
  • 米粉/ほうじ茶NEW!
  • 甘夏(自然農法・愛媛/風車の街佐田岬の会さん)
  • カカオ・コーヒー(大磯/オイコスコーヒーさん)
  • チャイ

今日のラスク

売り切れました。ありがとうございました!

ハルタ自家製ジャム

  • 甘夏のマーマレード(自然農法・愛媛/風車の街佐田岬の会さん)NEW!
  • ニューサマーオレンジ(日向夏)のマーマレード(有機栽培・愛媛産)NEW!

「甘夏のマーマレード」は、残り1本です!

huluta
huluta

ジャーナリストの津田大介さんが保護猫と暮らし始めたそうです。イイナー。名前もイイネ😀

huluta
huluta

それでは本日もみなみなさまのご来店お待ちしてます!

ハルタ huluta
札幌市中央区大通西23-2-25 ラ・メール円山公園
◆OPEN 10:00-17:00 ◆定休日 火・水