「最近の原発ニュース」と「一升パン」

huluta
huluta

おはようございますハルタです。

最近の原発ニュース

自分の備忘録としても残しておきたいので、少々おつきあいのほどよろしくお願いいたします。

伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し - 毎日新聞
 山口県東部の住民3人が、四国電力伊方原発3号機(出力89万キロワット、愛媛県伊方町)の運転差し止めを求めた仮処分申請の即時抗告審が17日、広島高裁であった。森一岳裁判長は申し立てを却下した2019年3月の山口地裁岩国支部の決定を取り消し、四電(高松市)に運転差し止めを命じる決定を出した。11年3月

高裁でこの判断はスバラシ~✨ただこの判断を下した森一岳裁判長は、来週1/25に定年で退官予定だそうです…一説によると、先がない(退官が決まっている)からこそできる判断だとか…先が長い裁判官には無理なのかな。でもソレって…💢

そんな判断が出る前に、こんなニュースががが…

伊方原発 核分裂反応抑える「制御棒」1体を誤って引き抜く

エラー|NHK NEWS WEB

定期検査中の愛媛県伊方町にある伊方原子力発電所3号機で、12日、核分裂反応を抑える「制御棒」1体を誤って引き抜くミスがあり、四国電力は原因を調べています。

四国電力によりますと、伊方原発3号機で12日午後、核燃料の核分裂反応を抑える役割がある「制御棒」48体のうち1体が原子炉から引き抜かれるミスがありました。

監視カメラで作業員が気付き、原子炉に戻しましたが、およそ7時間1体が引き抜かれた状態が続いたということです。

四国電力によりますと、この間、原子炉内で核分裂反応が進むことはなく、作業員らに被ばくはなかったとしています。

定期検査中の3号機では、当時、核燃料を取り出すため、原子炉のふたを開けて、制御棒を固定する構造物を引き上げる作業中だったということで、このとき構造物に制御棒1体が付いたまま、原子炉から引き上げられてしまったということです。

事前のチェックでは問題はなかったということで、四国電力では原因を調べています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200112/k10012243541000.html

こんなボーっとしてる人たちに、原発なんて危険なもの任せていられるワケないでしょー💢

原発再稼働・維持に13兆円

原発再稼働・維持に13兆円 安全強化の新基準導入で | 共同通信
東京電力福島第1原発事故の反省から、国が原発に安全対策の強化を義務付けた新規制基準を2013年に導入...

泊村長選で高橋氏が初当選 再稼働は争点にならず

北海道テレビ:HTB online

泊原発のある後志の泊村の村長選挙が12日投開票され、村の元課長の高橋鉄徳氏が、新人同士の争いを制し初当選しました。

 泊村村長選は、村の元建設水道課長で新人の高橋鉄徳氏(49)が705票、元村議で新人の三浦光博氏(68)が472票を獲得し、子育て支援などを訴えた高橋氏が初当選を決めました。

 選挙戦では両候補とも泊原発再稼働の是非には触れず争点にはなりませんでした。

 高橋氏は原発再稼働について「安全の確保が大前提。その上で、そういう(再稼働を進める)結果が示されたのであれば、議会の意見やたくさんの方々の意見を聞いたなかで判断する」と述べました。

 また、高橋氏は設置から30年近い泊1・2号機の将来的な廃炉を見据え、「村の財源に支障をきたさないようにいまから準備をしていきたい」と話しました。

https://www.htb.co.jp/news/archives_6487.html

”選挙戦では両候補とも泊原発再稼働の是非には触れず争点にはなりませんでした。” ってオイオイ…

ただ” 高橋氏は設置から30年近い泊1・2号機の将来的な廃炉を見据え、「村の財源に支障をきたさないようにいまから準備をしていきたい」と話しました。”というところには期待が持てますが、どーなのかな?

一升パン

一升パン
一升パン

さて今日の写真は【一升パン】これだと一升パンだかなんだか分かんないですね😅

全く宣伝もしていないのに、途切れることなくご予約いただいております。口コミなのかなぁ…それともこの記事のモデルさん(赤ちゃん)がいいからかな?😁何はともあれ、みなさまありがとうございます!