札幌の高校生も#Fridays for Future

huluta
huluta

おはようございますハルタです。

定休日変更のおしらせ

昨日もチョコッと書きましたが、来月2/11(火)の祝日は営業します。その代わり2/13(木)代休とさせていただきます。詳しくはハルタカレンダーをご覧ください。よろしくお願いいたします。

札幌の高校生も”#Fridays for Future”

温暖化対策訴える高校生に共感の輪 │ TBS NEWS 【現場から、】SDGs 2030年の世界へ
TBS NEWS 【現場から、】SDGs 2030年の世界へのサイトです。

【SDGs 2030年の世界へ】温暖化対策訴える高校生に共感の輪

シリーズSDGs。国連の「持続可能な開発目標」についてです。地球温暖化問題について、いま世界中の若者たちが行動を起こしていますが、札幌では高校生たちが取り組みを始め、共感が広がっています。

「気候は変えずに自分が変わろう」  

気温マイナス3度の札幌。  

「雪を守ろう」  

「自然を残そう」  

手には地球温暖化の問題を訴える段ボールのプラカードです。札幌の北星学園女子高校の生徒たちです。  

「私たちが求めているのは政府の政策ではありません。みなさん一人一人が変わって、地球温暖化の対策を取ること」(高校3年 マット光さん)  

きっかけはスウェーデンの環境活動家グレタさんでした。毎週金曜日に高校を休んで温暖化対策を訴え続けたグレタさん。その活動は全世界の若者に広まっています。  

「正直、私は関係ないというか、『すごいことやってるな』と思って終わっていた。クラスメイトと話す機会があって、私たちにもやるべきことがあるのでは」(高校3年 マット光さん)  

彼女たちは、いたって普通の若者。しかし・・・  

人を動かすためには、まずは自分たちから変わること。プラスチックごみを出さない生活を心がけているといいます。活動は他にも・・・  

「売る機会をどれだけ作るか」(北星学園女子高校の生徒)  

「もう100枚作る?」(北星学園女子高校の生徒)  

自家製のエコバッグをイベントなどで販売し、売り上げを全額、環境保護団体に寄付しています。  

「日本人は(環境問題への)意識が遅れている。平和や環境問題に対する意識が広まればいい」(買いに来た人)  

最初に街角に立ったのは10月。5人で始まった活動は、やがて学校や世代を超え、少しずつ輪が広がりました。

「頑張りましょう」  

「すばらしいメッセージだ」(外国人)  

会社帰りに参加する大人も・・・、別の学校の生徒が飛び込みで参加することも・・・。  

「すごいなと思った。ひとごとではいけないなとの思いは強くなった」(別の高校の生徒)  「ここまでまいた種を潰したくない」(別の高校の生徒)  

「下の世代に私たちの責任を押しつけたくない。“なんで大人はやってくれなかった”のではなく、今やって、次には渡さないようにする」(高校3年 マット光さん)  

温暖化を止めるため、未来のため、活動はまだ始まったばかりです。

https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/sdgs/archive/20200113.html

自分が高校生の時にこんなこと考えていたかな~と振り返ってみると、1㎜も考えていなかったかもしれません…まー「今とは、世界情勢も色々と違うから…」と言えば、そうなんですけどね。でもそれにしても…

女子高生
女子高生

「下の世代に私たちの責任を押しつけたくない。“なんで大人はやってくれなかった”のではなく、今やって、次には渡さないようにする」

こんな若い子たちに「下の世代に…」なんてセリフを言わせてしまう今の大人たちって何なのさ~と情けなくなりました。もっとがんばろうよ~大人たち~。

札幌市は「SDGs未来都市」

SDGsに関連して、こんな記事を見つけました。みなさん、札幌市がSDGsの達成に向けて優れた取組を提案する自治体を国が選定した「SDGs未来都市」の1つに選ばれているって知ってましたか?

「なんで国連の目標に札幌市が取り組むの?」SDGs先進地、先導した人がいた。

「なんで国連の目標に札幌市が取り組むの?」SDGs先進地、先導した人がいた。
冬の寒さにも関わらず多くの市民が生活する札幌。様々な独自の取り組みや、今までのチャレンジについて、担当者が話をしてくれた。

「それが、世界のスタンダードなんだ」ということを理解することが大事なんです。

https://www.huffingtonpost.jp/entry/sdgs-sapporo-environment_jp_5d638c4fe4b0b59d2577489d

ウーン、言いたいことは分かるけど「この表現はどうなのかな?」とちょっと引っかかっいました。たとえ他の人や国がやっていなくても、自分が「やってみよう!」と思ったら行動を起こせばいいのでは…?

「みんなやってるから、やりましょうね」って言うことなのかな?まー、日本人にはこういう言い方の方が効果があるのかもしれませんね…(いま流行りの「同調圧力」?)

huluta
huluta

あ、ちょっと毒吐いちゃいました…😅ま、とにかく自分にできるコトをがんばりましょー。 「下の世代に私たちの責任を押しつけ」無いようにね!