「かぼちゃマフィン」と「恵方巻」

huluta
huluta

おはようございますハルタです。

ハラハチファームさんの「栗将軍」で作った「かぼちゃマフィン」

ハラハチファームさんにパンと物々交換していただいたかぼちゃ「栗将軍」かぼちゃそのものの写真はUPしていたものの、マフィンの写真はUPしていませんでした…ようやく撮ることが出来たのでお披露目いたします。

かぼちゃの写真が載った記事はコチラ

物々交換に興味がある方はコチラ↓

もう「恵方巻」?

TVでニュースを見ていたら、もう来年の「恵方巻」のことをやっていました。

サイズ減や値引きでロス削減へ コンビニなどが試み(19/12/12)

サイズ減や値引きでロス削減へ コンビニなどが試み(19/12/12)

いつでも買って食べられる便利さをちょっと脇に置いてみたところ、食品ロスが減りました。スーパーとコンビニエンスストアの新しい取り組みです。  

色とりどりの具材をくるくる巻いて、がぶり。クリスマスもまだなのにもう来年の恵方巻です。今年のトレンドは、食べきりやすいハーフサイズだということです。この3年で売り上げが1.5倍になっているというハーフサイズの恵方巻。今年は3種類から13種類に増やして販売します。ハーフサイズを売り込む理由の一つは深刻な食品ロスの問題が。  

イオンリテール・デリカ商品部、鈴木雅光さん:「お客さんの必要な分だけ製造する。なるべく廃棄が出ないように努める」  

イオンでは、さらに去年より予約の開始を2週間早めて店頭での廃棄を今年の半分に減らす方針です。環境省によると、国内の食品ロスの量は年間643万トンに上っていて各コンビニでも食品ロス削減に向けた取り組みが進んでいます。  

ファミリーマートでは、今年のクリスマスケーキが予約制に。6月にも、ウナギ弁当を予約制で販売したところ、販売額は約2割減ったものの廃棄量が減り、店舗の利益も去年に比べて7割増えたということです。  

ローソンでは人気のからあげクンも対象商品です。店内で調理された揚げ物など消費期限が迫った商品を値引きして販売したところ、今年上期は去年に比べて中食全体で約1割食品ロスが減少したそうです。  

セブン-イレブンは北海道や四国など一部の店舗である実験を行っています。消費期限が迫った商品には、バーコードが貼られてnanacoカードで購入すると5%のポイントが還元されます。実験は12月末までで、効果を検証した後に来年春の全国拡大を目指すということです。

https://youtu.be/NtpbN7voH0w

来年のこと言うと、鬼に笑われちゃう…

huluta
huluta

ま、それはさておき…

物々交換の記事の中で 今の「大量生産、大量消費時代」の中で「自分に出来るコトはなんだろう?」と試行錯誤していると書きましたが、このニュースを見てため息しか出ませんでした。

一見「よさそうなこと」をしているようで、結局 「大量生産、大量消費 」に何ら変わりはなく…しかも需要の先食い…まー恵方巻は元々コンビニが始めたことなので、無くなってもらったら困るから必死なんでしょうね。

恵方巻、小さくなりすぎてそのうちフツーの太巻きになっちゃうかもネ😆

今日のおしらせ

huluta
huluta

ハルタのガレージセール、みなさまのおかげでほとんど旅立っていきました。今はチョークくらいしかありませんが、必要な方いらっしゃいましたら迎えに来てくださいまし!

huluta
huluta

それでは本日もみなさまのご来店お待ちしております!

ハルタ huluta
札幌市中央区大通西23-2-25 ラ・メール円山公園
◆OPEN 10:00-17:00 ◆定休日 火・水